NEWS

ニュース

2018年09月13日

IoT端末BL-02(BIGLOBE提供)とiField indoorのパッケージソリューションを発表

BL-02

IoT端末BL-02(BIGLOBE提供)とiField indoorのパッケージソリューションを発表



マルティスープ株式会社の屋内位置情報&位置/設備マッピングソリューション「iField indoor(アイ・フィールド インドア)」は、ビッグローブ株式会社のIoTデバイス「BL-02」とパッケージソリューションを発表、2018年 9月13日に提供を開始いたします。

BL-02 パッケージソリューションは、「BL-02」を活用したソリューションを企業の抱える課題に合わせてパッケージ化したものです。その第1弾として、2つのパッケージソリューションが採択され、その一つにマルティスープの iField indoor が採択されました。


▪️BL-02 と iField indoor パッケージソリューション
製造業・流通業向け屋内測位ソリューション。60台までのビーコン(注2)と3台の「BL-02」を貸与。クラウドを含む環境設置、測位実証、測位実証レポートを提供。1カ月以内の導入検証パッケージで初期費用98万円。
https://biz.biglobe.ne.jp/bl/ifield_indoor.html


[各製品詳細]
▪️ BL-02とは
BIGLOBEは「BL-02」を核にした企業向けのIoTサービスを「IoT Anywhere w/ AI」のコンセプトのもと展開、 「BL-02」を活用することで、企業は人の動きを可視化する行動センシングで生産性を向上させたり、車の運行状況を把握し効率化をはかるなどIoT業務を容易に実現可能です。また、クラウドやAIとスムースな連携ができるほか、多様な業務に1台で対応できるマルチデバイスとしても利用できます。
https://office.biglobe.ne.jp/bl/


▪️ iField indoor とは
『iField indoor(アイ・フィールド インドア)』は各種センサーを活用して屋内現場におけるIoT化を実現しています。工場、倉庫、プラント、工事現場、病院といった施設内での人、車両、モノ(製品・道具)、機械などの現場での動きを屋内マップ上で”見える”化することにより、屋内施設の仕事状況を点・線・面・体で把握し、仕事の状況を浮かび上がらせる屋内位置情報ソリューションです。工場内のIoT化に、iField indoor を採用いただいているジャパンセミコンダクター様の導入事例をご紹介いたします。
https://www.multisoup.co.jp/service/ifieldindoor/


[本件に関するプレスリリース]
BIGLOBEが企業の課題解決をIoTで支援する BL-02 のソリューションをパッケージ化して提供開始
~パートナーと連携し工場、介護、ホテルや農業向けに最適なソリューションを拡充~