EVENTSEMINAR

イベント/セミナー

2017年08月9日

『iField ソリューションセミナー2017』開催のお知らせ

img


「IoT」という言葉があらゆる”現場”で躍動し、これから迎える新しい時代の在り方について、 様々な”現場”で議論される中、位置・空間情報技術は、幅広いマーケットから、多様な要望を集めています。

様々なセンサからのデータと位置情報、それを表現する空間情報技術が、リアルとバーチャルを結ぶ 接触面であり、かつ、様々なセンサや通信手段、表現するデバイスが次々と現れ、 その可能性はますます広がりを見せています。

加えて、本年は、準天頂衛星システム「みちびき」がいよいよ4機体制となる年であり、 高精度測位社会の実現に向けて、また大きな一歩となる環境が構築されます。 これに伴い地理空間情報を高度に活用した位置情報ビジネスの発展への期待が 日々高まっているのを感じています。

本年のセミナーでは基調講演に、慶応義塾大学 准教授 神武 直彦様をお迎えし、 空間情報技術とビジネスの将来性についてご講演いただきます。 神武氏は、現職以前にJAXAにて様々な宇宙プロジェクトに携わり、現在は Multi-GNSS Asia 運営委員をはじめ、政府の推進する「G空間」プロジェクトに関連する 多くの委員にも参画、高精度衛星測位を中心とした社会技術システムの デザインとマネジメントに取り組んでいます。

例年、お客さまにご登壇いただくユーザ事例紹介では、 「屋内測位分野/iField indoor (アイ・フィールド インドア)」のビジネス連携パートナーである 三井物産グループの株式会社マーケティング・グラビティ様より、スーパーマーケットの ショッピングカートに取り付けたタブレット端末を通じて、 オススメ情報やクーポンなどを配信するサービス 「Shopimo(ショピモ)」へ導入いただいた事例をご紹介します。

「屋外フィールド業務支援/iField(アイ・フィールド)」では、 武州ガス株式会社様より 保守・メンテナンス業務にお役立ていただいているガスナビゲーションシステム『bナビ』のご紹介を いただきます。『bナビ』は「iField(アイ・フィールド)」とスマートフォン・カーナビアプリとの 業務利用連携として、先進的な事例であり、武州ガス様のフィールド業務を強力に サポートさせていただいている事例でございます。

弊社からも地図と位置情報を活用したフィールド業務支援サービス「iField」や、 Beaconを使った屋内測位活用ソリューション「iField Indoor」についてご紹介させていただきます。 また、パートナーセミナーとして、多くの方が慣れ親しんでいる Google Maps の ビジネス活用のご紹介と実際の導入事例をご紹介させていただきます。

ぜひ皆さまに、最新の位置・空間情報技術ソリューションと、具体的にビジネスに活用されている事例を ご確認いただき、リアルとバーチャルとの接触面をさらに強く活性化していきたく 本セミナーを開催いたします。

大変ご多忙のところと存じますが、皆さまのご来場をお待ちしております。



【開催概要】

 iField ソリューションセミナー 2017
 ~”現場”のリアル・バーチャルを繋ぐ、位置・空間情報技術の存在感~


主催: マルティスープ株式会社
日時: 2017年9月14日(木)13:00開場

会場: TKPガーデンシティPremium神保町
定員: 150名
会費: 無料


【講演】

■基調講演
『空間情報技術とビジネスの将来性(仮)』
 慶應義塾大学 教授 神武 直彦氏

■iField indoor 導入事例紹介
『ショピモ:タブレット付きショッピングカートでストア・ロイヤルティ向上(仮)』
 株式会社マーケティング・グラビティ 代表取締役 浅井 洋一氏

■iField 導入事例紹介
『ガスナビゲーションシステム『bナビ』のご紹介(仮)』
 武州ガス株式会社 様

■代表挨拶
「”現場”のリアル・バーチャルを繋ぐ、位置・空間情報技術の存在感」
マルティスープ株式会社 代表取締役 那須 俊宗

※その他ゲスト講演、調整中


【お申し込み方法】

イベントへのご参加は、以下のお申し込みフォームにて、ご登録をお願いいたします。
お申し込みフォームはコチラから → 【セミナー申込サイト】

参加登録締切 2017 年 9 月 11 日(月)
※席に限りがございます。先着順となりますので、お早めにお申し込みください。
※プログラムが変更になることがございます。