SOLUTION

GISとデータ分析

GISとデータ分析

取得した位置情報と業務情報を分析し、空間情報を”見える化”します。
現場の多くのお客様の声に耳を傾け続け、分析・表現方法を構築しています。業務に合わせたカスタマイズも承ります。

地図によるデータ表現

分布地図

対象をポイントで地図の表現します。この表現は、ポイントの色や大きさでターゲットの情報を分かりやすく可視化できます。(たとえば、メンテナンス時期が迫っている物件は赤いアイコン、メンテナンス完了直後はグレーのアイコン) マネジメント担当者だけでなく、現場で働く営業マンなど営業活動支援にもご活用いただけます。

ヒートマップ

ヒートマップを使い、エリア特性、人の動きの傾向をつかみましょう。 人やモノがどのように動いたか、どのような物件が立地しているのかなど傾向をサーモグラフィで表現します。実際のデータに基づいた仮説とヒートっマップの様々なセグメント別の表現を使い、エリア戦略の立案や屋内の者の配置計画などに活かしましょう。

メッシュマップ

1メッシュごとの単位で表現した地図です。質的な対象を適当な数量化によって量的な表現に変えて表示することも可能にします。市場・商圏分析などにも利用されます。

その他のGIS活用

地図表現は、上記以外にも目的に合わせ様々な表現方法があります。創業以来GIS業界で培ってきた経験を活かし、最適のGIS活用法をご提案いたします。

ダッシュボードとレポート

ダッシュボード

取得したデータをほぼリアルタイムにシステム上で確認できるダッシュボード。業務状況をグラフや表形式で確認できます。複数のデータをまとめて確認することで、次のアクションへの導きます。

レコーディング

測位結果をレコーディングできます。データ取得後、確認したい時間・人物別に行動履歴をレコーディングし、保存できます。サマリー結果と合わせて、動きが確認し、行動分析にコンテキストを加えましょう。

レポート

測位結果のレポートを提出しています。お客さまの業務課題・測位目的に合わせて、作成しています。