NEWS

ニュース

2019年07月12日

マルティスープ株式会社が電気設備学会賞で「優秀開発賞」を受賞しました。

2019年6月7日 第30回電気設備学会賞(主催:一般社団法人電気設備学会)において、株式会社大林組(本社:東京都港区、代表取締役社長:蓮輪 賢治)の「IoT・AIとBIM(Building Information Modeling)を活用したスマートビルマネジメントシステム」(以下 本システム)が「優秀開発賞」を受賞いたしました。

マルティスープ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:那須俊宗)は本システムの開発において、施設 建物利用者の位置情報を取得する部分、照明・空調制御などのスマホ アプリ開発(ユーザー操作部分)を担当し、他の受賞企業の皆様と共に表彰を受けました。

 

190712:news写真:電気設備学会表彰式 
代表取締役の那須俊宗(右)が当社を代表して表彰を受けました。

 

「電気設備学会賞」は、電気設備に関する工学および技術の進展を図ることを目的とし、顕著な功績や優秀な研究・施工・技術開発等に関する業績を表彰するものです。

今回受賞した本システムは、「WellnessBOX®」と「BIMWill®」の2つのシステムで構成されており、両システムの連携により、施設利用者一人ひとりに「快適」「健康」「便利」「安全・安心」な環境を提供すると共に、最適な建物管理業務を実現します。

 

【受賞内容】
第30回電気設備学会賞 技術部門 優秀開発賞
受賞対象:IoT・AIとBIMを活用したスマートビルマネジメントシステム

計画・開発 株式会社大林組
制作・開発(WellnessBOX) マルティスープ株式会社
制作・開発(WellnessBOX) 株式会社YE DIGITAL(旧 安川情報システム株式会社)
制作・開発(WellnessBOX) セイコーソリューションズ株式会社
制作・開発 株式会社オーク情報システム
監修(BIMWill) 国立大学法人熊本大学 大西研究室
開発(BIMWill) 大林新星和不動産株式会社
開発(BIMWill) オーク設備工業株式会社
開発(BIMWill) 大林ファシリティーズ株式会社

※「WellnessBOX®」は、株式会社大林組の登録商標または商標です。
※「BIMWill®」は、株式会社大林組の登録商標または商標です。

 

【詳細情報】
大林組「IoT・AIを活用したスマートビルマネジメントシステム『WellnessBOX®』を東京都内のテナントオフィスビルに国内初適用」
https://www.obayashi.co.jp/news/detail/iotaiwellnessbox.html

大林組「WellnessBOX®とBIMWill®が電気設備学会賞 優秀開発賞を受賞」
https://www.obayashi.co.jp/news/detail/news20190613_1.html